コラム

「自由民主党政令指定都市議会議員連盟 札幌・新潟・仙台ブロック研修会」

日 時 平成21年3月7日8日(土)16:00より
場 所 ホテル仙台プラザ
講 師 (株)東北地域環境研究室 代表 志賀 秀一 氏
演 題 「地域から見た観光立国の推進」


  • ● 観光は裾野が広い、地域活性化には欠かせない産業である。
  • ● 観光産業の経済波及効果は、旅行消費額23,5兆円、国内産業への直接効果22,9兆円にも上る。
  • ● 日本人観光客は(出国)1,800万人に比べ訪日観光客は(入国)は800万人余り。このための対策が必要である。
  • ● 今後観光立国の数値目標は、入国観光客1,000万人など、各地における観光客受入れの観光資源掘り起こしが必要である。
  • ● 我が国のこれまでの動きは、平成15年から政府の報告書取りまとめ、平成17年12月の観光立国基本法制定、平成20年10月に観光庁が設置されるなど、まだ緒に就いたばかりである。
  • ● 地域から見た観光立国の推進として、広域観光の取り組みが全国各地で始まったばかりである。
  • ● 仙台圏では伊達な広域観光圏として実施計画が進んでいる。

報告  跡部 薫 仙台市議会議員

大変貴重な研修会を経て、三市の懇親化がその後場所を替えて行われた。

写真

【戻る】